借地借家法とは

民法には、賃貸借契約を結ぶ際に守らなければならない規定があります。
借地借家法とは、建物と土地について定めた特別な賃貸借契約の規定のことを言います。賃貸人に比べ立場が弱い場合も多く、経済的にも不利である借家人や借地人を保護するために、民法の規定を修正、および補った法律が借地借家法です。

借地借家法で保護される借家、とは建物賃貸借に適用されます。そのため、一時的に使用する場合であったり、無料で建物を借りたりといった場合には借地借家法は適用されません。借地借家法で保護される借地、とは土地を借り、建物を建て、そこで生活する場合、もしくは土地を借りその場所に建っている建物を買うということで適用されます。

建物所有を目的とするならば、賃借権でも地上権でも適用されます。この貸し借り関係を、借地権を持つ者、いわゆる土地を借りている人が借地権者であり、それに対して借地権を設定した、いわゆる土地を貸している人を借地権設定者といいます。
建物の場合は、通常通りで賃貸人、賃借人となっており、貸す側の人は賃貸人。借りる側の人間は賃借人とそのままの状態になっているため、名前で注意するべきは上記の借地権者と借地権設定者のふたつです。