借地借家法について

借地借家法は、建物と土地に関する賃貸契約に関する規定です。これは、借家人や借地人を保護するための法律でもあります。当サイトでは、この法律に関して紹介しています。

借地借家法は主に、建物を所有する事を目的としている地上権や土地の賃借権に適応されるため、敷地内にある建物には該当しますが、建物ではないものには該当しません。一見して該当しそうでありながら、そうではないものとして、駐車場があげられます。駐車場用地を目的とされる方に土地を賃借する場合、借地借家法は適応される事はなく、別の民法が適応されるものとなります。

この法律のベースとなるのは民法上にある賃貸借で、社会的であったり、経済的な視点で弱い立場になる方を保護するためにあるものです。この法律を知るためにはその前に、賃貸借や借地権についても把握している必要が出てきます。
借地権については一度は耳にされた事がある事でしょうが、これは建物の所有を目的としている土地の賃借権の事を指します。

土地を借りる権利のある人の事を借地権者といい、借地権を設定している地主の事を借地権設定者と言います。これらの単語の知識やそれぞれの法律がどのようになっているのかという事を把握していなければ、なかなか理解するのが難しいという事もあります。
しかし、土地を使い、一戸建ての物件を建てるなどの際には必要な知識となりえるものです。当サイトでは借地借家法について詳しく紹介しているので、気になる方はぜひ、チェックされてみてはいかがでしょう。


Comments are closed here.